2010年05月17日

Es un gran campeón Es una gran filosofia

la masia.jpg

Visca Barça!!!!
Visca cantera!!!!!
Vamos Don Pedro!!!!!!!!!!!!!!!!!

マドリーーーカブローーーーン!!!!!
おーいカムバックチキーット!!!

- Escriu el futur / Nike CM
http://www.youtube.com/watch?v=xjvTH4SBias&feature=player_embedded
posted by ritmo at 14:48| Comment(0) | TrackBack(1) | Ritmo de diario | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

Remuntada

barcelona_inter.jpg
posted by ritmo at 20:43| Comment(0) | TrackBack(1) | Ritmo de diario | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

2009年03月13日

LIVERPOOL×MADRID, BARCELONA×LYON

Mandriles este en retirada
「マンドリル軍団撤退」

Mandriles.jpg

Octavos de final
de la Champions League

LIVERPOOL, 4
MADRID, 0

Liverpool:
Reina; Arbeloa, Skretel, Carragher, Fabio Aurelio;
Gerrard, Mascherano, Alonso (Lucas, m.59),
Babel, Kuyt y Torres (Dossena, m.82).

Real Madrid:
Iker Casillas; Sergio Ramos, Pepe, Cannavaro (Van der Vaart, m.63), Heinze;
'Lass' Diarra, Gago (Guti, m.76), Sneijder,
Robben (Marcelo, m.46); Raúl e Higuaín

Goles:
1-0, Fernando Torres, m.15,
2-0, Steven Gerrard, m.28,
3-0, Gerrard, m.46,
4-0, Dossena, m.88

Árbitro: Frank De Bleeckere (Bélgica).
Mostró tarjeta amarilla a Pepe, del Real Madrid, y a Steven Gerrard y Mascherano, del Liverpool.
Incidencias: partido de vuelta de los octavos de final de la Liga de Campeones disputado en el estadio de Anfield ante unos 45.000 espectadores (lleno).


BARCELONA, 5
LYON, 2

FC Barcelona:
Valdés; Alves, Márquez, Piqué, Sylvinho;
Touré Yaya, Xavi, Iniesta (Hleb, m.90+2),
Messi, Etòo (Bojan, m.87) y Henry (Keita, m.76).

Olympique Lyon:
Lloris; Clerc (Bodmer, m.46), Cris, Boumsong, Grosso;
Toulalan, Juninho, Makoun, Delgado (Källstrom, m.61),
Ederson (Keita, m.85) y Benzema.

Goles:
1-0, m.25: Henry.
2-0, m.27: Henry.
3-0, m.39: Messi.
4-0, m.43: Eto'o.
4-1, m.45: Makoun.
4-2, m.48: Juninho.
5-2. m. 90+4: Keita.

Árbitro: Tom Henning 0verb0 (NOR).
Mostró cartulina amarilla a Cris (m.13), Juninho (m.35), Henry (m.45+1), Delgado (m.49), Grosso (m.64), Makoun (m.70) y a Toulalan (m.76). Expulsó a Juninho (m.90+1).
Incidencias: Asistieron al encuentro 86.378 espectadores, en partido de vuelta de los cuartos de final de la Liga de Campeones, disputado en el Camp Nou.
Antes del inicio del partido, el centrocampista Xavi Hernández recibió de manos de William Gaillard, consejero del presidente de la UEFA, Michel Platini, un cheque de 100.000 euros por su inclusión por parte de los internautas, en el Equipo del Año 2008. El barcelonista destinará el premio a un proyecto de rehabilitación del Comité Internacional de la Cruz Roja (ICRC), que ayudará a las víctimas de las minas terrestres en Afganistán.


Hola, amigas/os!

マルカやアス紙をおちょくって遊ぶのも良し。
かわいそうなメレンゲ連中を、おどけたLet it beで慰めてやるも良し。
で、自分は真面目だから、MVPをロッベンにすべきか、それとも、
ドッセーナにするべきかで悩むことを選択。

で、バルセロニスタでもマドリディスタでもない
よくわからないラファ・ベニテス率いるミエルダプールには
なんの関心も湧かないが、キャプテンを務めるジェラードはやはり、
なかなか良い選手であり、イニエスタは将来、我々のジェラードに
なれるだろうか? あるいは育ちが悪いというのを聞いた事がある
スティーブン・ジェラード選手だから、イニエスタとはだいぶ違ったタイプであり、
ここはやはりブスケに期待するしかないんじゃないかと思ったり、思わなかったり。

一方、我らがカピタン・チャビはどうだろうか?
エトーのように数字に固執する素振りも見せず、
ボールだけは絶対に奪われないカタツムリ殺法と共に、
イニエスタやブスケの方がよっぽどチームに貢献していたとしても、
着実にアシスト数を伸ばしていってしまうチャッカリ者のチャビだから、
ガゴよりは良い選手だと言えそうだ。

ちなみに、また、ちっと古いけどアスレティック戦後のエルパイス紙には、
「カンプノウにフットボールが帰って来た」と題して、
バルサにはトゥレよりポジショニングの良いイニエスタとブスケが
不可欠である。というようなことが書いてありました。

どういうことかと推測すると Iniesta-Touré-Xavi ではダメで、
Iniesta-Busquets-Xaviでないとダメだということだと思いますが、
ポジショニングが少々悪くても、決戦時にはトゥレは外せない気がしますので、
個人的には Busquets-Touré-Iniesta が希望となり Touré-Busquets-Iniestaも
試してみたい気がしますが、インコテンツ・ペップにチャビを外す度胸は
ないだろうから、Iniesta-Busquets-Xavi もしくは、
結局 Iniesta-Touré-Xavi となる。

というか、そんなしゃらくせーこと言ってないで、
マスチェラーノを獲って来て中盤でブスケと組ませたらどうか?
Mascherano-Busi-Touré-Iniesta
あるいはもっと欲張って Mascherano-Gattuso-Busi-Iniestaで 4-4-2
というのはどうか?
さらに、欲張って Mascherano-Gattuso-Busquets- Gerrard!
なんていう中盤を組めれば、どんなに力強くて格好良いバルサになるでしょう!
オリャー!イギレスへ殴り込みじゃーっ!
ほんまもんのサッカー魅したるで!

と、一人テンションを高めてみても、
結局、インコテンツだけでなく、バルサには時代の流れを解せぬ
クライフというスペクタクルな人が居るから、
そんな風に考えるバルセロニスタをあまり知らないし、
現実的にはクライフがいる間はありえないだろう。

そして、少なくとも日本ではそういう意見を見かけないし、
バルサ通なクライフィスタにとっては、
そんなものは、プレーステーションの中だけの話だぜっ!と、
バルサ=クライフという腐れ童話の中にいる人々が多い気がして淋しい…

というか、こういう楽しくも真面目な議論がしたいなぁといつも思ってる。

ちなみに、自分がしょっちゅう覗きに行っている大好きな
(アディオス・ライカーの時にはモウリーニョを望み、
チキリクアトレと共にラポルタ・ディミシオン!を叫びまくっていた
親愛なる同志たちの)バルサファンサイトでは、
毎日のように、こういう楽しくも辛辣な議論が徹底的に行われている。

にもかかわらず、自分のブロッグにはマンドリルどもからの
嫌がらせのようなトラックバックやコメントがたまに届くだけだ。

あはははは、
結局、自分が一番の「現地では教の信者」なのかもしれませんねぇ…

ということで、
"Cesc-Xavi-Iniesta-Silva" が優勝してしまうふざけた大会なんて
なくしてしまった方が良いに決まってまーす!

ビスカ、バルサ!



posted by ritmo at 18:01| Comment(0) | TrackBack(1) | Los partidos | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

BARÇA×ATHLETIC

Hala madrid, Payaso!!
「あらマドリ、道化師!」

muy bien.jpg

Liga 08/09 Jornada 26 --- 07/03/09

BARÇA, 2
ATHLETIC, 0

FC Barcelona:
Valdés; Puyol (Víctor Sánchez, m.90+1), Piqué, Márquez, Sylvinho;
Busquets, Xavi, Iniesta (Gudjohnsen, m.82);
Messi, Eto'o y Henry.

Athlétic Bilbao:
Iraizoz; Iraola, Gurpegi, Amorebieta, Koikili,
Orbaiz (Muñoz, m.75), Javi Martínez (Toquero, m.46), Susaeta, Gabilondo,
Yeste y Llorente (Garmendia, m.60).

Goles:
1-0, m.17: Busquets.
2-0, m.31: Messi, de penalti.

Árbitro: Undiano Mallenco (Navarro).
Mostró cartulina amarilla a Javi Martínez (m.24), Orbaiz (m.47), Etòo (m.51), Iniesta (m.59). Amorebieta (m.60), Busquets (m.70) y a Toquero (m.86)
Incidencias: Asistieron al encuentro 75.074 espectadores, en partido disputado en el Camp Nou, correspondiente a la vigésima sexta jornada de Primera División.

Hola, amigas/os!

祝国王杯決勝進出により幾分も明るい雰囲気になり、
75.074人の観客と共にのんびりとした立ち上がりを見せたバルサ。
だが、見方によっては同じく国王杯決勝進出による
二日酔い相手に対して、何ぶんも慎重な立ち上がりにも見えた。

そんな中、早い時間にセットプレーからセルヒオ・ブスケのゴールが決まり、
続いて、フィーゴのようなドリブルでドン・イニエスタがペナルティエリアへ
侵入しペナルティをゲット。(しかしフィーゴはええ根性しとる)
で、レアル・マドリー道化師集団応援隊長アルフレッド・レラーニョの
ビジャラトの花が目に浮かぶ楽しい展開。

ちなみに、我らがブスケの腕にはアラビア文字で
"A thing for you, the life in my country"
"something has life in my country"
というタトゥーが入っているそうだが誰にも意味は通じないようだ。

そして、後半に入ってからも、
マジョルカの人のコンディションが良好なのが確認できたし、
アンリの足がヒョットコドッコイなのも確認できた。
ついでに言ってしまえば、ペップ監督の采配(80分を過ぎてからの交代)は、
懐かしいライカー采配そのものとなって、クライフ風に言えば、この試合も
負けておいた方が今後のためであり、
「Aupa Athletic!」 と叫ぶコータロー君のような好色なバルセロニスタが
存在しても不思議ではない締まりのない終わり方でプジョーまで負傷
してしまいました。

とはいうものの、
お遊びはココまでであり、戦いはこれから。
いよいよペップバルサによる本当のタタカイの幕が下ろされる。

ということで、
いぶすきひろしバモス!

- sergiobusquets.info / Sergio Busquets’ tattoo
http://www.sergiobusquets.info/news/sergio-busquets-tattoo/
- おまけ:祝!国王杯決勝進出 "ヒントでピント"
http://i39.tinypic.com/2mfi5na.gif



posted by ritmo at 20:07| Comment(0) | TrackBack(1) | Los partidos | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

ATLÉTICO×BARÇA

Nuestra iras estallaban de verdad
「おこるでしかし」

marca portadas.jpg

Liga 08/09 Jornada 25 --- 01/03/09

ATLÉTICO, 4
BARÇA, 3

At. Madrid:
Leo Franco; Heitinga, Pablo, Ujfalusi, Antonio López;
Maxi (Sinama m. 66), Assuncao, Raúl García (Maniche m. 77), Simao;
Forlán (Banega m. 88) y Kun Agüero.

Barcelona: Victor Valdés; Alves, Márquez, Puyol, Silvinho (Cáceres m. 77);
Xavi, Gudjohnsen, Toure Yaya;
Henry, Eto'o y Messi.

Goles:
0-1: m. 18, Henry, de disparo desde fuera del área.
0-2: m.30, Messi en jugada personal.
1-2: m. 32, Forlán de disparo lejano.
2-2: m. 55, Agüero, tras fallo de Márquez.
2-3:m. 73, Henry.
3-3: m. 78, Forlán, de penalti.
4-3: m. 86, Agüero.

Arbitro: Bernardino González Vázquez (Colegio Gallego).
Enseñó tarjeta amarilla a Heitinga, Raúl García, Assuncao, Alves, Messi.
Incidencias: Partido de la vigésima quinta jornada de Liga, disputado en el estadio Vicente Calderón de Madrid, ante unos 55.000 espectadores. Se guardó un minuto de silencio en memoria de Diego Alcalá Rivero, jugador de alevín del Atlético de nueve años que falleció el pasado jueves tras estar seis días en coma después de sufrir un trágico accidente al golpearle la cabeza la cubierta de un banquillo en Las Rozas.

♪おっこるーでヤスシ♪ たっのむーでキヨシ♪
♪マドリと巨人は瓜二つ♪

どーもどーも、まいどまいど、横山だ。
横山やすしだ、日本一の漫才師だ怒るでしかし。

さて、マンドリルと読売Gの傲慢フィロソフィーが遠からずなのは誰でも分かる。
だが、バルセロニスタの中にもゲイがいて、必ずしもバルセロニスモとアンチマドリが
一致しないことは先日触れたばかりであり、同様に、バルセロニスタの中にも
読売ファンが5、6人くらいはおるかもしれん。したがって、
タイガースとバルサを軽はずみに、いっしょくたにしたらアカン。
だいたい、バルサはバルサ・エス・バルサであって阪神タイガースではない。
第一、そんなこと言うとったら9割をジャイアンツファンが
占めているとされる日本のマンドリルどもの格好の餌食となってしまうでしかし。

ちゅうことで、
新聞の見出しコーナーや! きー坊!メガネ持って来て!

いちっ!
この前紹介したペリコに負ける前のやつ。
マルカ紙ディレクターのエドゥアルド・インダゆうおっさんが
思いついた、しょーもない見出しの「バルサびびってる!」
おう、そうそうビビり過ぎやでしかし、人生はタタカイやで、
ペリコは近鉄やで。

にっ!
同じくマルカ「いける!いけるぞ!マドリ×ベティス6-0」
「バルサ×ペリコ1-2 ペップ、ただ今、恐怖の真っ最中?」

あはははっ、ヨハンかショパンか知らんけどクライフ連れて来いクライフ!
「完璧な負け」って、デコも知らんとムンディアリートに行ってきた
知り合いのバルセロニスタのお嬢さんも一緒のこと言うてましたでしかし。
それから、ペップは時代の流れを解せぬクライフなんどに付き合わず、
そろそろモウリーニョみたいに「オマエらは糞の塊かっ!」って
選手どもにハッパをかけた方が良いんじゃないかい?正味の話。

さんっ!
ラウル、サムアップで「ドブレーテもいけるで、いけるで」
とほざいております。ま、覚えとけよ。

よんっ!
「ラウル:ベルナベウのみんなでプレッシャーを!」
「リヨン×バルサ 1-1」

トゥレと掛けまして、
(お、じゃじゃトゥレと掛けましてっ!)
細身のジーパンを履いた時と解く、
(おう、細身のジーパンを履いた時と解くっ!)
で、その心は?
若干ポジショニングが悪いっちゅうことでやんす。

ごーーーーーーーっ!
やっとエンド・デポルティーボが出てきよった。
「マンドリル×ミエルダプール 0-1」
「マドリは、汗ばんでビビってる」ってカブローーーーーーーーン!
完璧なパクリやでしかし。

ろーくっ!
「4ポイント!もっとビビらしたれ」
マリコーーーーんマリコーーーン
グティ・マリコーーーーーーーーーーーーン♪

ななっ!
アグエロ×バルサ 4-3「バルサ、汗ばんでスーパービビってる」

どないなっとんじゃぁああコラァアア!パコ連れて来い!パコ!!!!
パコ・セイルーロどこいった!アンチ・ピリオダイゼーーーーション!!!

ということで、
正念場がいつまで続こうが、マルカ紙の可哀想な悪あがきがいつまで続こうが、
悪いけど優勝は我々が戴きます。そして、うまく行ったら3つとも戴きます!!
なので、今はひたすらバルサイムノで「あらマドリ」を掻き消すべし!

バァーーーモス!バァァァアアーーーーーールサ!

- youtube.com / あらマドリ×バルサ・イムノ
http://www.youtube.com/watch?v=lIlFOh7MnBU




posted by ritmo at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Los partidos | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

BARCELONA×ESPANYOL

Es mas psicológico que el físico, táctico
「肉体的、戦術的より精神的敗北」

marca canguelo.jpg

Liga 08/09 Jornada 24 --- 21/02/09

BARCELONA, 1
ESPANYOL, 2

Barcelona:
Valdés; Alves, Piqué, Márquez, Abidal (Puyol, min. 24);
Touré, Keita, Xavi;
Messi, Henry (Sergio Busquets, min. 45) y Eto'o (Gudjohnsen, min. 66).

Espanyol: Kameni; Sergio Sánchez, Pareja, Jarque, David García;
Moisés, Ángel (Román, min. 37);
Luis García, Nené (Tamudo, min. 88), De la Peña (Coro, min. 72)
e Iván Alonso.

Goles:
0-1, min 50: De la Peña.
0-2, min. 55: De la Peña.
1-2, min. 63: Touré.

Árbitro: Delgado Ferreiro (comité vasco).
Amonestó con cartulina amarilla a Pareja (min. 17), Piqué (min. 21), Aureli Altimira (preparador físico del Barcelona, min. 31), Luis García (min. 39), Eto'o (min. 39), Sergio Busquets (min. 51), Jarque (min. 53), Xavi (min. 57), Sergio Sánchez (min. 62), Touré (min. 74), Puyol (min. 77), Iván Alonso (min. 87) y Tamudo (min. 90). Expulsó con tarjeta roja directa a Keita (min. 38).

Incidencias: partido correspondiente a la 24ª jornada de Liga de Primera división, disputado en el Camp Nou ante 76.942 espectadores.
El ex presidente de la Generalitat de Cataluña, Pasqual Maragall, realizó el saque de honor y los jugadores de ambos equipos posaron ante una pancarta con el lema 'Todos jugamos contra el Alzheimer'.

Hola, amigas/os.

画像は一昨日のマルカ紙。

前節、ベティス戦での苦しいエンパテを受けて、
どこからか見つけてきたんか知らんけど、さぞかし探すのに苦労したであろう
ペップが頭をかかえる写真を、2ヶ月間待ってました! 
とばかりに掲載し、「バルサは怖がっている」とヒネリの無い見出しを打ち、
隅っこの方にチョロっと「明日にはタムダッソ(タムードのゴール)の陰が忍び寄る」
と付け加えただけのマルカの表紙だ。

しかし、頼りにならないカタランメディアは、
(もちろん全てに目を通したわけではないが)
先日のフランスからの「エトー発言」による揺さぶりには
まんまと揺さぶられ的外れなどうでもよいイグアインの動向で応戦。

そして、この全くもってしょーもないマルカ紙にはロベルト・カルロスの
「マドリは今もバルサに怯えている」という弱いセリフで対抗しただけだった。

つまり、何が言いたいかというと、
自分なんどが言っても全く説得力は無いが、カタルーニャ、あるいは、
バルサ・メディア全体がまったくの受け身に回ってしまい、
能動的なバルサ・フィロソフィーは一体何処へ行ってしまったの?という感じ。

そして、結果的にペップ・バルサにとって、この大事な時に、
精神的な弱さを露呈しただけでなく、戦術的な失敗、あるいは、
肉体的(コンディション調整)にまで目に付いてしまうという、
非常に痛い敗北となってしまった。

だが、言える事は、無秩序にヘタクソな審判による、
全くの公平性に欠けた試合であり、結果的にカンプノウの試合でありながら
フエラのチーム、エスパニョールが多大な恩恵を受けたのは明らかであり、
加えて、後に控える試合が大事なチャンピオンズの試合であり、
チャンピオンズ前にありがちな集中力に欠けた結果となったが、
相変わらずマンドリルとのポイント差は10から7に縮んだだけで、
バルナベウでのパシージョが絶望的になったというだけのことだ。

ということで、
我ながら何が言いたいのかよく分からない記事になりましたが、
次の試合の重要度が増したということだけは確か。

正念場でやんす!
バァァーモス、バルサァァァァァ!!!!!



タグ:Marca Espanyol
posted by ritmo at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Los partidos | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

Previa; BCN×ESP

Busquets: "Me da igual que el Espanyol baje a Segunda"
「私にとってはエスパニョールがセグンダに行こうがどーでもよいことだ」

eto'o en sportweek.jpg

オラ!アミーガス、アミーゴス!

フランスのスポーツ週刊誌が今更何をほざこうが、
世界屈指のデランテーロ、サムエル・エトーはまだバルサにいて、
少なくとも今シーズン中は我々と共に戦い、チャンピオンズでは
フランスのチーム相手にいつもの様にゴールを叩き込んでくれるだろう。

そして、チキ・ベギリスタインもまたバルサにいて、
少なくとも今シーズンはダニエル・クラック・アルベスを獲得してくれた。
しかも、カセレス、ピケはなかなかの良い素材であるし、ケイタはなんといっても
モンチ氏が探して来た選手なのだから必ずや役に立つ日が来るだろう。

つまり、チャンピオンズでの決戦前にフランスから伝わる情報なんどは、
見え見えの陽動、煽動作戦であるからして、チキも一緒にリヨンへ行って、
ベムゼマの具合でも見て帰ってくれば済むことだ。

さて、その前にペリーコ戦。

「エスパニョールがセグンダに行く?マジでどーでもよいことだ」と、
我らがブラックパール・ブスケが、未来のカピタン候補にふさわしいコメントを
披露してくれている。

で、喜ばしいので、
以下、エル・パイス紙 (11/02/2009) でのインタビューを
頑張って訳しました。

インタビューアー:
ペップは「ブシのまずいプレーを見つけるのは難しい、
ブシは強いキャラクターと人間性を持ちフットボールを知っている」
と語っていますが?

ブスケ:
言っていい? まずいプレーをすることだってある。
けど、いつもシンプルにプレーしている(ということだと思う。)

インタビューアー:
ところで、あなたはチームで最もファールを受ける選手ですが、
何か理由でもあるのでしょうか?

ヌエストラ・ブラックパール:
それはこっちが知りたいよっ!
ま、もしかしたら足がやたら長いからかもしれない。
ボールに届かないと思っていても先っちょが届いてしまうんだ。
そして… おもいっきし蹴られてしまうんだよっ!

インタビューアー:
グアルディオラのことに戻りますが、
監督のことをやっかいだとか面倒だとか思いませんか?

ブスケ:
そんな風には全く思いません。そして、自分には誰よりもこのチーム
(監督ペップ)をよく知っているという強みがあるんだ。
そこらへんは、Bチームでも一緒だったビクトル・サンチェスと自分は
よく分かっているし、お利口さんに振る舞わないといけない。
でも、自分に限ればシーズン当初から毎試合欠かさず言われ続けてきたことがる。

インタビューアー:
何を要求されているの?

ペップに選ばれし者:
何でもないことさ。ワンタッチ、ツータッチで自分らしくシンプルにプレーすること。
いつだったか、ペップは出来るだけ素早くボールを回し出来るだけ早く相手を
消耗させろと言っていたよ。

インタビューアー:
それで実行しているんですね?

若大将 2:
もちろんやってはいます。
素早い判断とボール扱いが必要な自分のポジションで、
両足を使って大きな問題とはならずやっているし、出来ていると思う。

最後に夢は?

未来のカピタン:
ないですね。なぜなら今の自分は理想通り。
チームのために働くことこそが自分の理想なんだから。

ということで、
ブラボー、バモス、ブスケ!

ちなみに、良くも悪くも感情的で動物的な正直者だとばかり思っていたけど、
エトーは案外、計算高い男であり、一連の発言も本人の発言には変わりなく、
私にとってはエトーがどこへ行こうがどーでもよいことだ!とまでは言わないけれど、
やっちゃってくれるじゃんとは思いました。






タグ:Eto'o Busquets
posted by ritmo at 16:00| Comment(0) | TrackBack(1) | Ritmo de diario | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

Quiniela turistica

Hleb es una turista?
「フレブは観光旅行客?」

hleb turistica.jpg

本日は、コパで1ゴール、リーガでは3ゴールも叩き込んでいる
余裕のグジョンセンさんが、最近、カンプノウ前で売り出しているらしい
ゴール・キニエラを見つけたので紹介いたします。

シーズン終了までの残りの試合(もちろんチャンピオンズ、国王杯も含む)で、
未だにノーゴールのフレブ選手がぶち込むであろうゴール数を予想し、
今すぐベット(クリック)しよう!

0 gol
1 gol
2 goles 以上

タグ:Quiniela Hleb
posted by ritmo at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Ritmo de diario | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。